OUTLINE

概要

概要

  1. 記念日の設定

    • 特定の技術分野やクロステック分野に関連する記念日(例:AIの日、フィンテックの日、アグリテックの日など)を無償提供します。※ 商標登録済
  2. 記念日の貸与

    • 設定された記念日を企業やスタートアップに貸与し、その記念日を利用してプロモーションやブランディング活動を行います。
  3. プロモーション支援

    • 記念日に関連するイベントやキャンペーンをサポートし、プレスリリースの発行やマーケティング活動を支援します。
  4. 研究機関への寄付

    • 記念日の収益の一部を、関連する技術分野の研究を行っている大学や研究機関に寄付することで、業界全体の発展に寄与します。(プレス発表します)

利点

  1. ブランド認知の向上

    • 企業は特定の技術分野に関連する記念日を短時間で無料利用することで、自社のブランド認知度を即効的に高めることができます。
  2. マーケティング効果の向上

    • 記念日を利用したプロモーション活動は、ターゲット市場に対するインパクトが大きく、効果的なマーケティングが可能です。
  3. 業界の発展

    • 記念日の設定とそれに伴う寄付活動により、関連する技術分野の研究や開発が促進されます。

欠点は?

  1. 申込順で決まる
    • それぞれの業界に1個の記念日を提供していますので、申し込みの順番で決まることがあります。
  2. 労力が伴う
    • プロモーション活動に伴う労力が伴う。

具体的な活動は?

  1. イベント開催

    • 記念日に合わせたカンファレンス、ワークショップ、セミナーなどを開催し、関連する企業や専門家を招待します。
  2. メディア露出

    • 記念日に関するプレスリリースを発行し、メディアを通じて広く情報を発信します。
  3. 共同プロモーション

    • 記念日を利用して複数の企業が共同でプロモーション活動を行い、シナジー効果を狙います。

事例

例えば、「AIの日」を設定し、その日を利用してAI技術に関連する企業が一斉にプロモーション活動を行うことが考えられます。企業はAIの日を活用して新製品の発表や特別キャンペーンを実施し、プレスリリースやSNSを通じて広く情報を発信します。また、収益の一部をAI研究を行っている大学の研究に寄付することで、AI技術のさらなる発展を支援します。

「記念日シェア」は、企業が特定の技術分野に関連する記念日を有効に活用し、ブランディングやマーケティング活動を強化するための効果的な手段です。また、業界全体の発展にも寄与することが期待されます。

記念日シェアの基準日

記念日シェアの基準日は「9月19日」 クロステックの日の語呂合わせとしてクロスを(9月)テックを(10+9)としています。一律この日付をテーマに各サービス利用者様の

記念日シャアのイメージ画像

 

検索